スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異説 忌部の神の東征

これまで忌部の神の安房国東征について、
何回かに分けて紹介してきたが、これまでの
東征伝承は、斎部広成が著した古語拾遺にも記されている。

房総に忌部の神を祀るお社はまだある。
南房総市(旧丸山町)沓見及び宮下に鎮座する
莫越山神社がそうである。

沓見莫越山神社
                南房総市沓見 莫越山神社

祭神の孫・天小民命(あめのこたみ)と御道命(みじ)が
それぞれの祖神・手置帆負命(たおきほおい)と彦狭知命(ひこさしり)を
祀ったものであるが、手置帆負命は讃岐忌部氏の祖、彦狭知命は紀伊忌部氏
の祖である。

丸山町宮下なごし山神社鳥居
            南房総市宮下 莫越山神社参道からの遠景

丸山町宮下莫越山神社鳥居
             南房総市宮下 莫越山神社鳥居と拝殿

実は忌部氏の歴史書『古語拾遺』には、天富命(あめのとみ)が
阿波忌部氏を分ちて、安房国に東征したとは書いているが、
讃岐忌部氏、紀伊忌部氏も分ちて東征したとは一言も書いていない。

莫越山神社に伝わるオリジナルの伝承である。

スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

針間国造の一族ー佐伯直の祖・阿良津命

先に紹介した姫路市北部の白国神社からほど近い佐伯神社の祭神は、
やはり針間国造の一族の阿良津命(あらつ)である。

佐伯神社社地
                佐伯神社遠景

彼は針間国造の祖・稲背入彦命(いなせいりひこ)の孫
阿曽建命(あそたける)の后・高冨媛命(たかとみひめ)が
難産の末に生んだ御子である。

佐伯神社遠景
                  佐伯神社社殿

社伝によると、彼は応神天皇から佐伯直(さえきのあたえ)姓を賜ったとされている。

しかし新撰姓氏録では、応神天皇が播磨国巡幸の際、日本武尊が東国から
連れて帰った播磨の蝦夷たちを統治するため、伊許自別命(いこじわけ)
すなわち阿良津命の父・阿曽建命が佐伯直姓を賜ったとされている。

また日本書紀、播磨国風土記には播磨佐伯直阿俄能胡
(はりまのさえきのあたえあがのこ)の名がしばしば登場するが、
佐伯直阿俄能胡=阿良津命とする説が多い。

彼は仁徳天皇の異母弟・隼別命(はやぶさわけ)と女鳥王(めとりのみこ)を
討伐した人物。討伐したまではよかったんだけど、女鳥王の遺体から
美しい玉を剥ぎ取った罪により、領地没収。

阿俄能胡の説話は播磨国の豪族がヤマト王権に組み込まれる様を物語っている。

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

クマソ討伐と高屋行宮

これまでいくつものクマソ討伐伝承地を紹介してきたが、
九州有数の古墳群・西都原古墳群の近傍にも伝承地がある。

宮崎県西都市岩爪の真言宗寺院・黒貫寺(くろぬきじ)は
かつて景行天皇ヤマトタケルがクマソ討伐の際に
6年間滞在した高屋行宮跡といわれている。

黒貫寺遠景
                   黒貫寺遠景


天慶9年(946)、隆元和尚がその跡地に開創したという。

黒貫寺山門
             黒貫寺山門

黒貫寺旧本堂
黒貫寺の旧本堂(本堂の裏手にあり。見逃すべからず)

その黒貫寺の道路を隔てた対面に高屋神社が鎮座する。
ここも高屋行宮跡といわれているが、黒貫寺と高屋神社は
目と鼻の先。江戸期までは神仏習合で一つだったのであろう。

高屋神社鳥居
                高屋神社鳥居


さて高屋神社の鳥居をくぐり、石段を上がって、拝殿に参拝。
その左側にいくつかの石碑がある。

高屋神社拝殿
                 高屋神社拝殿

その中に高屋行宮遺跡碑
昭和御大典記念に建立されたようである。

高屋行宮遺跡碑
           高屋行宮遺跡碑

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

摂津国に祀られた三河国平定の英雄

尼崎市上坂部に鎮座する伊佐具神社
ヤマトタケルの弟・五十狭城入彦命(いさきいりひこ)を
祀るお社である。

伊佐具神社鳥居
                伊佐具神社鳥居

神社の案内板には、御兄日本武尊と共に諸国を平定された
兄宮に勝るとも劣らざる英知の大神とある。


由緒
               伊佐具神社案内板


この祭神について調べてみると、
愛知県岡崎市の和志取神社の祭神でもある。
和志取神社の由緒によると、
五十狭城入彦命は父・景行天皇の勅命により、
三河地方のまつろわぬ神を討ち、当地を平定した。

五十狭城入彦命は三河地方を平定した英雄、
三河国の式内社・和志取神社に祀られるのは
もっともである。

しかしその三河平定の英雄がなぜ、
摂津国に祀られているのであろうか?
はなはだ謎である。

伊佐具神社拝殿
                 伊佐具神社社殿




テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

異説・ヤマトタケル終焉の地

日本神話上の無双の英雄・ヤマトタケル
伊吹山で白猪の毒気にやられ、尾張国に向う
途中、伊勢の地で亡くなったとされている。

しかしここ彦根市磯、琵琶湖湖畔に鎮座する
磯崎神社に伝わる縁起によると、伊吹山の白猪の
毒気にあてられたヤマトタケルは、居醒の清水で
正気を取り戻し、都に向う途中、千々の松原
崩御し、この地に葬られた。

磯崎神社鳥居
          磯崎神社 ここにヤマトタケルは葬られた

鳥居をくぐるとすぐ左に神社由緒碑がある。
彦根藩の殿様の子孫の題字。

由緒碑
           磯崎神社由緒碑


石段を上がり拝殿に参拝。
その奥にまた鳥居が。
奥宮への入口。

しばらく参道を上がる。けっこう険しい山道。

奥宮に続く参道
            奥宮に続く参道

頂上はわりと広めのスペース。
中央に大きめの石祠

奥宮祠
               磯崎神社奥宮の石祠 


ほんとうに、ここにヤマトタケルの御陵があったのだろうか?

磯崎奥宮から伊吹山の眺め
               奥宮から伊吹山を眺める


テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。